お盆期間の配送に関して 》

   
メニュー 検索

特集記事 2019.10.11

2019秋-スタッフが選んだフリース10選

10月も中旬に入り最近やっと涼しくなってきましたね。これからは重ね着、アウターなどのファッションを楽しめる時期です!そこでアウトドアから普段使いまで活躍できる旬の機能性フリースを10着ピックアップしてご紹介致します。

1.パタゴニア レトロX ジャケット



今や定番人気となったパタゴニアレトロXジャケット。男女問わず人気の理由はデザイン性と可愛さでメンズ、レディース、キッズ、ベイビーまで幅広く展開があります。カップルやファミリーでおそろいコーデができるのも人気の理由かもしれませんね。メンズ、レディーズではそれぞれ丈や袖の長さが違うので、ご購入の際は店頭での着用をおすすめします。 [23056]¥27,000+tax

2.パタゴニア レトロパイルジャケット



レトロXジャケットに目が行きがちですが、ちょっと違った人とは異なるアイテムをお探しの方にレトロパイルジャケットもおすすめです。薄手の柔らかいパイルフリース生地で、スッキリとした細身シルエットになっており、レイヤリングしやすいのでさらにアウターを羽織る事も可能。ミドラー、アウターどちらとしても使えます。[22801]¥18,000+tax

3.パタゴニア ロスガトスクルーネック



昨年発売されたばかりの注目アイテム、パタゴニアのロスガトスクルー。通常のパタゴニアフリースとは素材感が異なり、ふわっとした柔らかい毛並みが特徴です。シンプルなデザインなので色々なアイテムと組合わせて着こなしを楽しめそうですね。アウトドア、タウンユースはもちろん、可愛らしいアイテムなのでちょっと出かけられる部屋着として使っても良さそうです。こちらもUSサイズですがミドラー仕様のためか、気持ち小さめにできている感じです。サイズ選びは一度着用することをおすすめします。[25895]¥12,000+tax

4.ザ・ノースフェイス デナリジャケット



大人気ブランド、ノースフェイスのデナリジャケット。1989年から発売されている歴史があり長く愛されている定番モデルです。デザインは時代の流行に応じ少しずつ変化しているので、その時代のファッションにハマりやすいデザインになっています。軽くて厚みのあるマイクロフリース素材は保温性があり、アウターやミドラーとして活躍してくれます。サイズ感は日本人に合ったジャスト丈でできているので、スッキリとした印象です。オーバーサイズがお好きな方は1サイズ上げて購入されることをおすすめします。[NA71951]¥18,000+tax

5.ザ・ノースフェイス バーサミッドジャケット



重ね着してもかさばらないジップインジップ仕様のノースフェイス バーサミッドジャケット。軽くて、コンパクトにもなり、ストレッチ性があるため動きやすい。しっかりとした保温性を持った超機能的なフリースです。なんといっても一番のポイントは、対応品番アウターと連結可能なジップインジップです!もちろん単品での着用でもOK、トレッキング時のレイヤリングアイテムとして活躍してくれますが、タウンユースでも使いやすいデザインですよ。[NA61906]¥19,000+tax

6.ラストチャンス ボアカーディガン



2018年に復活したアメリカのアウトドアブランド「LAST CHANCE(ラストチャンス)」。有刺鉄線のロゴマークが特徴で、「困難を乗り越えて進む」というブランドコンセプトが込められています。このブランドのおすすめポイントはなんといってもコストパフォーマンスの良さです!カーディガン仕様なので、色見のあるシャツなどで首元のアクセントを活かすと様々なアイテムと合わせられる楽しさがあります。カジュアルなデザインなので、個性を出したい方におすすめのアイテムです。[LC19FW-005]¥12,500+tax

7.ラストチャンス リバーシブルコート



続いてラストチャンスのリバーシブルコート。リバーシブル仕様になっているため、着回しの幅が広がるところが嬉しいポイントです。女性スタッフに着用の感想を聞いてみたところ、ボアを内側にした方がかなり暖かく感じられるそうです。フリーサイズのみ展開なのでどなたでもさっと羽織って使えますし、サイズに困らないのでプレゼントにも最適ですよ。[LC19FW-006]¥15,000+tax

8.L.L.Bean マウンテン パイル フリース ジャケット



100年以上の歴史の持つ老舗のアメリカアウトドアブランド「L.L.Bean(エル・エル・ビーン)」のフリース。厚手のシェルパ・フリースを使用し、適度なゆとりのあるすっきりとしたアイテムです。こちらの魅力は、ラストチャンスに続きコストパフォーマンスの良さです!人によって好みもありますが、厚手フリースのパタゴニア レトロXと比較すると、生地感が柔らかいため着心地が良く動きやすいのもポイントです。アメリカサイズなので、サイズ感はこちらも要注意です。[500365]¥15,000+tax

9.F/CE. ポーラテック フリース クルー



高品質 ポーラテックのハイロフトを使用した1着で、軽さ、保温性、肌触りの良さがポーラテックの魅力で気持ちの良い素材になっています。袖の刺繍が印象的でこれ1枚でも存在感がありますが、クルーネック仕様なので中にシャツを着たり、アウターを羽織ったりと様々なコーディネートで活躍してくれそうです。[F1902FCUCU0020] \26,000+tax

10.マンオブムーズ ミッドレイヤーフリースジャケット



最後はJAPANブランドのマンオブムーズより、ミッドレイヤージャケットです。こちらもF/CE.のフリースと同じくポーラテックハイロフトを使用、高い保温性を確保しながらも動きやすく、汗をかいてもすぐ乾く速乾性も優秀な一品。マンオブムーズらしいアーバンな印象が感じられるフリースとなっています。こちらのアイテム着用した印象は、細身シルエットで体にフィットするため、スタイリッシュなコーディネートが好きな方におすすめです。[MLFC-URJK-T2]¥37,000+tax

まとめ



スタッフが選んだフリース10選はいかがでしたか?旬のフリースアイテムは見た目だけでなく、機能的で他素材のアウターと比べて暖かさや着心地などコストパフォーマンスに優れたアイテムがあったり、物によっては、素材にポリエステルを使っていて洗濯ができたりと、シーズンを通して着回すのに最適なアイテムです。1着あるだけでも重宝するフリースなのですが、コーディネートのバリエーションに彩りを添えるため、2着、3着と持っておくのもありだと思います。色々な形や機能がありますので、ぜひあなたに合ったフリースを見つけてみて下さい。

KURA HOLIC ZERO 水野
ショップ情報 》

旬のアウトドア情報をお届け
特集記事 》

KURA HOLIC 公式
インスタグラム 》
フェイスブック 》

シェアする